体操女子種目別床運動決勝で演技する村上茉愛。銅メダルを獲得した=有明体操競技場

 体操は2日、男女の種目別決勝が行われ、女子のゆかで村上茉愛(日体ク)が14・166点で3位タイとなり、銅メダルを獲得した。五輪で日本女子がメダルを獲得するのは1964年東京大会の団体総合の銅以来、57年ぶり2個目。