日本医師会など医療関係団体との面会で発言する菅首相=3日午後、首相官邸

 田村憲久厚生労働相は3日、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らとオンラインで会談し、新型コロナウイルス患者の入院要件を厳格化した政府方針を説明し、理解を求めた。今後は高齢者のほか、呼吸困難や肺炎の症状がある人も自宅療養となる可能性があり、容体急変への対応が焦点となる。重症化リスクの判断は難しく、飯泉氏はこれまで入院対象だった「中等症」のうち、対象から外れる患者の基準を明示するよう求めた。

 菅義偉首相も同日、日本医師会(日医)など医療関係団体と面会し「地域の診療所が往診やオンライン診療で状況を把握し、適切な医療を提供するようお願いする」と要請した。