3日の列島は太平洋高気圧に覆われて晴れた地域が多く、特に山越えの風が熱を帯びて麓に吹き下ろす「フェーン現象」の影響を受けた東北の日本海側や北陸を中心に気温が上昇した。新潟県三条市では午後2時35分に39・1度を記録し、今年の全国最高気温となった。

 気象庁によると、他に新潟県長岡市や新潟市秋葉区でも38度を超えた。山形市は37・5度、秋田県大館市も37・3度を観測した。全国35度以上の猛暑日となった観測点は103地点に上った。

 4日は午後から天気が崩れる地域が増えるが、全国的に気温は高く、水分・塩分補給といった熱中症対策が引き続き必要だ。