男子400メートル障害で45秒94の世界新記録をマークし、笑顔でポーズをとるノルウェーのカルステン・ワーホルム=国立競技場

 男子400メートル障害決勝 45秒94の世界新記録をマークして優勝したノルウェーのカルステン・ワーホルム(手前)=国立競技場

 驚異的な世界新記録が誕生した。陸上の男子400メートル障害は3日、ワーホルムが自らの記録を0秒76も一気に更新し、45秒台に突入する圧巻のレースで金メダルを獲得した。

 力強いストライドで序盤から先行し、ハードルを越えた。最後の直線でライバルのベンジャミン(米国)に並ばれかけたが、最後の10台目のハードルを越えてから力を振り絞って突き放した。

 ゴールすると喜びのあまり、自ら上半身のユニホームを引き裂いて絶叫。「無観客だけど、五輪が中止されずに開催されてうれしい。東京に行くのが楽しみ」と話していた25歳のハードラーが、真夏の東京で輝いた。