男子板飛び込みで、2008年北京五輪以来13年ぶりに決勝に進んだ40歳の寺内健(ミキハウス)は359・70点で12位だった。