女子470級 出場した吉田愛(右)、吉岡美帆組=江の島ヨットハーバー沖

 男子470級 競り合う岡田奎樹(中央)、外薗潤平組=江の島ヨットハーバー沖

 男子49er級で優勝した英国のディラン・フレッチャー(右)とスチュアート・ビセル組=江の島ヨットハーバー沖

 セーリング470級は10レースを終え、ともに前日まで6位につけた女子の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)は7位、男子の岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組は8位に順位を下げて上位10艇による最終のメダルレースに進んだ。岡田、外薗組は3位とは逆転できない25点差がつき、メダルの可能性が消えた。

 女子49erFX級はグラエル、クンゼ組(ブラジル)が、男子フィン級はジャイルズ・スコット(英国)がそれぞれ五輪2連覇を遂げた。