東京五輪第12日の3日、体操男子種目別決勝の鉄棒で橋本大輝(19)が金メダルに輝き、個人総合との2冠を達成した。鉄棒での優勝は、1984年ロサンゼルス五輪の森末慎二以来。