味の素AGFは3日、スーパーなどの店頭やインターネットで販売する家庭用などのレギュラーコーヒーの一部の卸価格を10月1日納品分から値上げすると発表した。店頭価格は約2割上昇する見通し。コーヒー豆相場の高騰や円安で調達コストが上がったためで、一般消費者向けの値上げは約10年ぶり。UCC上島珈琲(神戸市)も値上げを発表している。

 値上げは店頭用が14品種、ネット販売用が26品種で、全商品の約6割に当たる。このうち「『ちょっと贅沢な珈琲店』レギュラー・コーヒー」の店頭価格は500円前後が多く、600円前後に値上がりしそうだ。