デュエット予選テクニカルルーティン 野球のユニホームをモチーフにした水着でポーズをとるスペイン組=東京アクアティクスセンター

 デュエット予選テクニカルルーティン 野球をテーマにした演技をするスペイン組=東京アクアティクスセンター

 デュエット予選テクニカルルーティン 野球をテーマにした演技をするスペイン組=東京アクアティクスセンター

 アーティスティック・スイミングのデュエットTRでスペインは野球をテーマにした演技を披露した。イチローや大谷翔平、松井秀喜のスイングをイメージした振り付けは、観客がいれば盛り上がっていたこと間違いなし。藤木麻祐子コーチは「どうすれば日本の方に楽しんでいただけるか考えた」と狙いを説明した。

 野球帽に見立てたキャップをかぶり、青い水着にそれぞれ「20」と「20」の背番号を入れて2020年に開催されるはずだった今大会を表現。大谷らの試合やインタビュー映像を見て勉強したという。ティオカサスは「バットやグラブを持って練習した。力は出せたので満足」と笑顔だった。