【ロンドン共同】英北部スコットランドの行政府は3日、新型コロナウイルス感染対策の規制を9日からほぼ撤廃すると発表した。首都ロンドンを含むイングランドでは7月に同様の対応を取っており、英人口の約9割を占める地域が規制撤廃の対象となる。

 スコットランドでは中小規模の集まりに伴う人数制限や、スポーツイベント、コンサートの開催に関する規制が原則なくなる。陽性者と接触した際の自主隔離措置も緩和される。公共交通機関でのマスク着用義務は続ける。

 スタージョン行政府首相は「勝利を宣言するには時期尚早だ」と述べ、今後の状況によっては規制の再導入もあり得るとの考えを示した。