人道的査証を発給したポーランドに向け、成田空港から出発する東京五輪陸上女子ベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ(手前)=4日午前10時49分、成田空港

 東京五輪陸上女子ベラルーシ代表で、チーム側による強制帰国を拒否し亡命を求めていたクリスツィナ・ツィマノウスカヤ(24)が4日、人道的査証(ビザ)を発給したポーランドに向かうため、経由先とみられるウィーン行きの航空機に搭乗し成田空港を出発した。

 ツィマノウスカヤは200mに出場予定だったが、経験がない1600mリレーへの出場をコーチに一方的に決められたとSNSで批判。強制的に帰国させられそうになったが、1日夜に羽田空港で搭乗を拒否し、警察などに保護された。

 在日ポーランド大使館を4日朝に車で出発し、関係者らに付き添われて成田空港に到着。終始無言だった。