関西電力は4日、福井県おおい町の大飯原発3号機で、タービンを回した後の蒸気を冷やすための配管から海水が漏れたと発表した。放射性物質の漏えいはなく、安全上の問題はないとしている。