太田雄貴氏

 国際オリンピック委員会(IOC)は4日、東京五輪に合わせて実施した選手委員選挙の投票結果を発表し、フェンシング男子で2008年北京、12年ロンドン両五輪銀メダルの太田雄貴氏(35)が4人の改選枠で4番目の得票となる1616票を獲得し、日本人初の当選を果たした。五輪の開催や改革にアスリートの意見を反映する役割を担う。

 選手委員はIOC委員を兼ねる。日本人のIOC委員は国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長と合わせて3人になり、通算では16人目。

 4人の改選枠に30人が立候補した。