臨時記者会見を行う飯泉嘉門徳島県知事=4日午後2時ごろ、県庁

 徳島県は4日、新型コロナウイルスに10歳未満~50代の男女11人が感染したと発表した。このうち7人は未就学児が通う施設の関係者。この施設の関係者は2日に感染が分かった3人を合わせて10人となり、県は県内31例目のクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

 施設関係者は▽阿波市の10歳未満の男児2人▽同市の10歳未満の女児▽美馬市の20代女性団体職員▽吉野川市の30代女性パート職員▽阿波市の30代女性パート職員▽つるぎ町の50代女性パート従業員。男児2人と女児1人は施設に通っている。20、30代女性3人は施設の職員で、50代女性は2日に感染が分かった職員の母親という。施設名は「利用者が特定されている」として公表していない。

 この施設では2日に職員2人とその家族1人の感染が分かり、関係者にPCR検査を実施。最初に陽性となった2人を除く職員20人のうち3人の感染が分かった。通っている未就学児46人のうち41人の検査が終了し、3人が陽性と判明。残る5人も検査をする。

 他の感染者は▽那賀町の50代女性パート従業員▽松茂町の40代男性会社員▽北島町の20代男性▽徳島市の20代女性パート従業員。4人とも感染経路は分かっていない。

 11人は全員、軽症か無症状という。県内の病床使用率は34・6%。県内の感染者は累計1822人となった。