女子62㌔級決勝 キルギスのアイスルー・ティニベコワ(右)を攻める川井友香子=幕張メッセ

 東京五輪第13日の4日、レスリング女子62キロ級で初出場の川井友香子(23)が金メダルを獲得した。57キロ級の姉、川井梨紗子(26)=以上ジャパンビバレッジ=が2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級女王で、夏季競技で日本勢初の姉妹金メダリストとなった。姉は5日に57キロ級決勝に臨む。

 冬季競技では18年平昌五輪スピードスケート女子団体追い抜きで高木菜那(29)=日本電産サンキョー=と高木美帆(27)=日体大職=の姉妹が頂点に立った。今大会では柔道男子66キロ級の阿部一二三(23)=パーク24=と女子52キロ級の阿部詩=日体大=の兄妹がそろって金メダルを獲得した。

 石川県出身の川井友は姉を追い、愛知・至学館高、至学館大で力をつけ五輪切符をつかんだ。

【PDF速報はこちら】