女子複合予選 スピードの2回目で好タイムをマークし喜ぶ野中生萌=青海アーバンスポーツパーク

 女子複合予選 ボルダリング第4課題の野口啓代=青海アーバンスポーツパーク(代表撮影)

 女子複合予選 スロベニアのヤンヤ・ガルンブレトのリード=青海アーバンスポーツパーク

 スポーツクライミングは3種目の複合で争う女子予選で野中生萌(XFLAG)が3位、野口啓代(TEAM au)が4位で、上位8人による6日の決勝に進んだ。

 スピード、ボルダリング、リードの順に臨み、各種目の順位を掛け算したポイントの少ない選手が上位となる。野中はそれぞれ4、8、3位の96点、野口は9、3、6位の162点だった。ガルンブレト(スロベニア)が56点でトップ通過。