【ワシントン共同】シャーマン米国務副長官は4日、ミャンマーのクーデターで政権を追われた民主派が発足させた「挙国一致政府(NUG)」外相のジン・マー・アウン氏と電話会談し、民主主義への復帰に向けた取り組みについて議論した。国務省が発表した。

 バイデン米政権が軍政への抵抗の象徴であるNUGとの接触を公にするのは初めてとみられ、市民の弾圧を続ける国軍をけん制する狙いがあるとみられる。

 国務省によると、両氏はミャンマーで拡大する新型コロナウイルス感染症の対策や、ミャンマー市民に対する人道援助についても話し合った。