国会内で開かれた政府、与党の新型コロナウイルス対策に関する実務者協議=5日午後

 政府、与党は5日、新型コロナウイルス対策に関する実務者協議の初会合を国会内で開いた。与党側は、コロナ患者の入院を制限する政府方針に異論が相次いでいる状況を受け、重要な政策転換の前に与党側と協議するよう政府側に求めた。

 会合には自民党の鴨下一郎元環境相、公明党の高木美智代政調会長代理らが出席。政府からは坂井学官房副長官が参加した。感染急拡大や、ワクチン接種の進捗状況を巡っても意見交換した。

 会合後、高木氏は記者団に「政府、与党一体で緊密に連携し、国民の声が反映される方向性をつくることが非常に重要だ」と述べた。