トヨタ自動車の「ヤリス」

 7月の車名別国内新車販売台数は、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が前年同月比65・7%増の2万3200台で2カ月ぶりに首位となった。派生車種の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ヤリスクロス」を含め、低燃費や使い勝手の良さが人気だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日発表した。

 2位は前月トップのホンダの軽自動車「N―BOX(エヌボックス)」で、4・7%増の1万6992台となった。3位にはトヨタの小型車「ルーミー」が入り、約2・3倍の1万4807台だった。ともに車内の広さが評価された。