菅首相は、コロナ患者の入院を巡る政府方針に関し「酸素投与が必要な方や、重症化リスクのある人はもちろん入院する」と述べた上で、あくまでも入院は医師の判断によるとの認識を示した。