1回戦・伊沢対土成 3回裏2死二、三塁で伊沢の小峯起男主将が左越え3点本塁打を放ち、5-5とする。捕手は矢部昴輝君=吉野川南岸グラウンド

 第58回徳島新聞社こども野球のつどい(県軟式野球連盟、県スポーツ少年団、徳島新聞社主催)第3日は15日、徳島市の吉野川南岸グラウンドで1、2回戦計24試合が行われた。

 選手たちは青空の下、元気いっぱいのプレーを見せ、応援に駆け付けた保護者らを沸かせた。三野若芝(三好市)や助任ホークス(徳島市)などが大量得点で快勝。大俣(阿波市)と鷲敷(那賀町)はタイブレークの末に応神(徳島市)、坂野(小松島市)をそれぞれ下し、2回戦に進んだ。
 第1、2日合わせて7本だった本塁打は12本も出た。
 
 第4日の16日は同グラウンドで2回戦20試合を行う。