男子複合決勝 リードの楢崎智亜=青海アーバンスポーツパーク

 3種目の複合で争うスポーツクライミング男子決勝で、楢崎智亜(TEAM au)は4位に終わった。

 スピード、ボルダリング、リードの順に臨み、各種目の順位を掛け算したポイントの少ない選手が上位となる。楢崎智はそれぞれ2、3、6位の36点。ヒネスロペス(スペイン)が28点で金メダルを獲得した。

 予選を7位通過したB・マウェム(フランス)は故障で棄権し、7人で争われた。