英BBC放送は6日までに、ロシアの国営や政府系のテレビが放映した複数の番組内で、東京五輪に出場したLGBTなど性的少数者の選手を中傷する場面があったと報じた。国際オリンピック委員会(IOC)は公式パートナー契約を結んでいる政府系テレビ局と接触し、詳しい状況を調べるとしている。

 BBCによると、国営テレビの7月26日の討論番組で下院議員が、トランスジェンダーと公表し出場した重量挙げ女子ニュージーランド代表のローレル・ハバードが映った画面を指して「この汚らわしい性的倒錯に強く反対する」と話した。同性愛者と公表している飛び込みの英国代表選手もののしった。