広島市の松井一実市長は6日の平和宣言で「黒い雨」被害者について「早急に救済するとともに、被爆者支援のさらなる充実を強く求める」と政府に要望した。