ホンダが55歳以上の社員を対象に4月から始めた、早期退職者を優遇する制度に2千人を超える応募があったことが6日、分かった。電気自動車(EV)の開発に経営資源を集中するため、世代交代を進める狙い。