徳島発の人気キャラクター「ししゃもねこ」の誕生10周年を盛り上げようと、洋菓子製造販売のイルローザ(徳島市)と加賀屋醤油(かがやしょうゆ、石井町)は7日から、自社の看板ブランドとししゃもねこがコラボした限定商品を販売する。

特製マグネットステッカー全3種のうち1枚が付いた「ししゃもねこマンマローザ」

 イルローザが数量限定で発売する「ししゃもねこマンマローザ」は、県産牛乳で作ったミルクあんが入った洋菓子「マンマローザ」5個入りセットの箱を、ししゃもねこの作者・川久保貴美子さん(49)=鳴門市=の描き下ろしイラストをデザインした紙パッケージで包んだ。

 箱の中には特製マグネットステッカー全3種のうち1枚を特典として封入。デザインはいずれも川久保さんの描き下ろしイラストで、ししゃもねこがマンマローザや、牛乳にちなんだ新キャラクターの乳牛「ふつうのうし」と戯れる様子を描いている。

数量限定の「ししゃもねこマンマローザ」をPRするイルローザの担当者=徳島市万代町

 川久保さんが「ししゃもねこ10周年を迎えて徳島に恩返しをしたい」との思いから、イルローザにコラボ案を持ち掛けた。同社の担当者は「県内外にファンの多いししゃもねこをきっかけに県産牛乳の良さを全国に伝えられれば」とPRしている。

 価格は税込み千円。県内の各店舗(阿波おどり空港店を除く)で販売するほか、同社通販サイトや電話でも注文を受け付けている。

 加賀屋醤油は、ししゃもねことコラボした限定ラベルをデザインしたお好み焼きソース「カガヤソース」を販売する。ラベルには、ししゃもねこがソースたっぷりのお好み焼きの上でくつろぐイラストをデザインしており、同社の商標「イチミツボシ」のロゴにも、ししゃもねこの顔のパーツを描き込むなどユニークなアレンジを施している。

ししゃもねことコラボした限定ラベルをデザインした「カガヤソース」

 川久保さんと交流のある食料品問屋「丸忠笠井海産」(美馬市)の三尾武史社長が、取引のある加賀屋醤油の親会社「盛田」(名古屋市)に提案した。三尾社長は「幅広い層の人が気軽に手に取れるようPRし、徳島が誇る名産品であるカガヤソースをアピールしたい」と話している。

 価格は432円。当面は板野町の道の駅いたの、上板町の徳島自動車道・上板サービスエリア、美馬市の道の駅「みまの里」、石井町の阿波食ミュージアムで販売するほか、丸忠笠井海産の通販サイトでも注文を受け付けている。

 問い合わせはマンマローザがイルローザ、電話(0120)166003。カガヤソースが丸忠笠井海産、電話0883(52)1403。