サッカーのU―23(23歳以下)アジア選手権予選J組は21日、プノンペンで行われ、20歳以下の編成で臨む日本はカンボジアを2−0で下して2連勝とした。徳島市出身のFW中坂勇哉(神戸)は先発出場し、後半33分に交代した。日本は後半28分にMF遠藤(横浜M)が先制ゴールを決め、39分に途中出場のFW小松(産業能率大)が追加点を奪った。日本は同組首位。23日に中国と対戦する。