チームに合流して早速ランニングに汗を流すMF清原(左から2人目)=徳島スポーツビレッジ

 J1のC大阪から徳島ヴォルティスに期限付き移籍で加入したMF清原翔平が26日、徳島スポーツビレッジでの練習に参加した。ランニングや戦術練習などを精力的にこなした期待の新戦力は「早くチームになじんで徳島の勝利に貢献し、昇格への勢いを一層加速させたい」と意気込みを語った。

 愛称は「キヨ」。クラブハウスでチームメートに拍手で迎えられた後、ピッチで約2時間、合同練習で汗を流した。

 165センチと小柄だが、得点力と運動量に秀でている。左利きで2013年から3年間所属した金沢では通算35得点を記録し、J3優勝とJ2昇格に貢献した。昨年、C大阪に移籍し、昇格プレーオフ決勝で決勝点を挙げる活躍をみせた。

 移籍の理由について清原は「昇格を目指すチームの方向性と、成長するために新しくチャレンジしたいという自分の思いが一致した」と説明。初日ながら「攻撃的なスタイルが練習から浸透していた。収穫があった」と充実した表情で話した。