ポーズをとるバドミントン女子ダブルスの高橋(前列右)、松友(同左)組ら=味の素ナショナルトレーニングセンター

 バドミントンの世界選手権(21日開幕・英グラスゴー)の日本代表が7日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで練習を公開し、リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華、藍住町出身の松友美佐紀組(日本ユニシス)らが体を動かした。
 
 世界ランキング1位の「タカマツペア」も世界選手権では8強入りがない。松友は「みんなが勝ちにくる大会。全力を出し切りたい」と意気込んだ。高橋は「プレッシャーがかかるので、五輪の時のようにリラックスして臨むのが目標」と自然体を強調した。