王位戦第5局で豊島将之竜王に勝ち、感想戦で対局を振り返る藤井聡太王位=25日、午後5時50分ごろ、徳島市沖浜東の渭水苑(代表撮影)

 24日から徳島市の渭水苑で行われていた将棋の「お~いお茶杯第62期王位戦」(徳島新聞社など主催、伊藤園特別協賛)7番勝負の第5局は25日午後4時47分、先手番の藤井聡太王位(19)=棋聖=が77手までで豊島将之竜王(31)=叡王=を下し、対戦成績4勝1敗で初防衛を果たした。藤井は初の徳島対局で最強の挑戦者である豊島を退け、強さを証明。終局後、徳島市のグランヴィリオホテルで行われた記者会見では、喜びを語った。

 今シリーズは豊島先勝で始まったが、藤井が第2局からの4連勝と勝負強さを発揮し、難敵を破った。持ち時間各8時間のうち、残りは藤井1時間52分、豊島13分。注目の両雄とあって徳島対局はファン必見の一番となり、勝負飯などにも注目が集まった。

 これで藤井の本年度の成績は23勝5敗、豊島との対戦成績は7勝9敗となった。

 藤井は7月の棋聖防衛(挑戦者・渡辺明名人)に続く連続防衛で二冠を堅持。立場を変えて、豊島とのダブルタイトル戦となった叡王戦5番勝負は現在2勝2敗で、9月13日の最終局で史上最年少の三冠を目指す。

 

 藤井聡太王位の話 7六歩(27手目)はこれで戦ってみようと思っていた。7四歩(41手目)は難しい局面で、考えても分からない変化が多い。3三桂(46手目)を防ぐことができず、8八歩(49手目)と受ける展開になっては、うまくいっていないと感じていた。7五角(53手目)で駒得になり指せるかなと。(今シリーズは)勝った将棋も苦しい場面が長く、押されていたと思う。

 豊島将之竜王の話 8六歩(30手目)は打ってみたいと思っていた。4四角(44手目)がよくなかったかもしれないが、代わる手も難しい。封じ手の局面はよくないと感じていた。7五銀(50手目)が相当悪い手だったので、2二銀とするしかなかったか。9七桂(51手目)と跳ねられ、はっきりダメにしてしまった。(今シリーズは)中盤戦の難しい局面でいい手が指せなかった。

 藤井聡太(ふじい・そうた) 2002年7月、愛知県瀬戸市生まれ。杉本昌隆八段門下で、12年にプロ棋士養成機関の奨励会入会。16年、最年少の14歳2カ月でプロ入り。18年には中学生で初の棋戦優勝。今年7月、最年少で九段に昇段した。

>>> PDFファイルダウンロード

 

 

 対局後インタビュー、感想戦など【動画】https://youtu.be/gGNxDY0RRSI

 

 終局後にホテルで記者会見【動画】https://youtu.be/NKQBxdKHyNc