第1回「SDGsとは?」

SDGs=持続可能な開発目標。
最近、よく耳にする「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」という言葉。17の目標に向けた取り組みが世界中に広がるなか、県内でも企業や学校などで認知度が高まっています。本企画では、世界中で起こっている環境や貧困、ジェンダー等の問題・原因が身の回りにもあることを知っていただき、解決のために何をするべきかを考え、実行していただけることを目指します。

SDGsって何ですか?
 持続可能な開発目標「SDGs」は、2015年の国連サミットにおいて採択された、「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の実現を目指す、世界共通の目標です。2030年を達成年限とし、17の目標(ゴール)と、それを達成するための169のターゲットで構成されています。

SDGsは、なぜ誕生したのですか?
 地球規模で人やモノ、そして資本が移動する現代。世界が直面している課題は多様化・複雑化しています。地球規模で拡大した新型コロナウイルス感染症のように、国境を越えて影響を及ぼす課題には国際社会が団結して取り組む必要があるからです。

これまでの国際目標とSDGsとの違いとは?
 SDGsがこれまでの国際目標と大きく異なるのは、先進国も含めたすべての国において達成すべき目標だということです。また、17の目標は、各国政府による取り組みだけでは達成が困難です。企業や地方自治体、そして一人ひとりに至るまで、すべての人の行動が求められている点がSDGsの大きな特徴です。

17の目標には何がありますか?
 SDGsの17の目標は、①貧困や飢餓、保健や教育といった、いまだ解決を見ない伝統的な社会問題。②クリーンなエネルギーや資源の有効活用、働き方の改善、不平等の解消といった、すべての国が持続可能な形での経済成長を実現するための経済問題。③気候変動や海洋汚染、平和や国際的パートナーシップといった環境問題。このような世界が直面する課題を幅広い範囲や分野にわたり示しています。 SDGsは、これら社会、経済、環境の3側面から捉えることのできる17のゴールを、統合的に解決しながら持続可能なよりよい未来を築くことを目指しています。

2030年に向けて私たちができることは何ですか?
 SDGsは国や地域、性別、年齢、人種にかかわらず、地球上で生きるすべての人に関係する目標です。国や企業、自治体、そして一人ひとりが行動を起こすことで、よりよい世界に変わっていきます。だからこそ、「行動の10年」に突入した今、私たちそれぞれができることをしっかりと考え、一歩踏み出す姿勢が必要です。さあ、持続可能な未来に向けてできることから始めましょう。

今日から実践!みんなにもできるSDGs

エシカル消費を意識しよう
(地域の活性化や雇用などを含む、人・社会・地域・環境に配慮した消費行動)
その商品は、誰がどこで作り、お店までどのように運ばれてきたのでしょうか。地球環境に優しいか、人の暮らしを守って作られているかなど、調べてみましょう。買い物をするときは、必要な人が他にもいることを想像して、必要な分だけを買うようにしましょう。

日本の「ジェンダー平等」の遅れを認識しよう
SDGsの目標のうち、日本が世界の中で遅れをとっている項目が、「ジェンダー平等」です。女性がもっと自信をもって活躍できる社会を実現するために、性別や立場の違いを超えて、一人ひとりが“自分事”として考えてみましょう。

日本の男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数 153カ国中121位
※内閣府男女協同参画局総務課 共同参画 令和2年3・4号参照

続きを読む(PDF)

 

第2回:2021年9月「今日からはじめるSDGs」

 世界規模の気候変動や貧困、格差、食料・エネルギー問題など、私たちはSDGsの示す社会課題のまっただ中にいます。 地方に暮らす私達も例外ではなく、持続可能な地域の未来を築くために、みんなで手を取り合い、行動することが求められています。
 そこで、現在、沖縄県恩納村に駐在してSDGsの推進や地方創生プロジェクトに関わるSDDGパートナーズ㈲会社(東京都)の松原廣幸さんに、SDGsに取り組むためのヒントを教えていただきました。 続きを読む PDFはコチラ

 

第3回:2021年10月「未定」

第4回:2021年12月「未定」

第5回:2021年3月「未定」