鮮やかに色付いたハナミズキ=小松島市松島町

 小松島市の花・ハナミズキが、道路沿いや公園など市内のさまざまな場所で咲き誇り、市民らの目を楽しませている。

 南小松島駅近くの市道沿いには、薄紅色や乳白色に染まった約50本の木々が、風に揺れている。春の日差しを受け、鮮やかさを増している。

 色付いた花びらのように見える直径4~8センチの部分は、葉の一種で総苞(そうほう)と呼ばれる。花は、中央の茎についた黄緑色の部分。

 1976年から小松島青年会議所などが市内で植樹を始め、1万本以上が植わっている。88年に市の花に指定された。