1961年9月16日、徳島は未曽有の大災害に見舞われた。台風18号、後に「第2室戸台風」と名付けられた。午前10時からわずか2時間の間に、最大風速が60メートルを超える暴風と、津波のような高潮が民家を次々と破壊した。戦後の自然災害で徳島に最大の被害をもたらした第2室戸台風の発生から60年。人々の記憶の風化が進む中、徳島新聞が所蔵する写真や専門家の研究を基に被害を振り返る。

沿岸部を通過 県東部に爪痕

 第2室戸台風は1961年9月16日午前9時すぎ、中心気圧925ヘクトパスカルで高知県室戸市に上陸した。暴風域は東に360キロ、西に90キロにも及んだ。上陸時の中心気圧は、気象庁の統計が残る51年以降で最も低い。徳島県内では海陽町沿岸部をかすめるように北上し、勢力を保ったまま牟岐町に到達。美波町、阿南市、小松島市を通過して正午ごろ、淡路島を襲った。

 最大風速は室戸市で66・7メートルを記録。あまりの暴風で観測中に風速計が壊れたため、実際は80メートル以上の風が吹いたとされる。気象庁の指標によると、風速67メートルを超えると木造住宅が倒壊したり、アスファルトが剝がれて飛散したりする。実際にこれらと同様の被害が県内でも相次いだ。

 沿岸部を通過したため、徳島では高潮被害が顕著となった。気圧低下による「吸い上げ」と、暴風による「吹き寄せ」効果で海水面が上昇。豪雨と相まって、小松島市では県内の最高潮位となる2・42メートルを記録した。徳島市などでも高さ2メートルを超す高波で堤防が壊れるなど津波に酷似した被害が相次いだ。

◆膝の高さまで高潮が襲う中、必死に避難する住民

写真を拡大 鳴門市撫養町

◆崩れた護岸に土のうを築いて高潮を食い止める消防署員ら

写真を拡大 徳島市津田地区

◆豪雨と高潮で水没した立体交差

写真を拡大 徳島市幸町

◆ダンプカーで避難する住民

写真を拡大 阿波市吉野町

 県自然災害誌によると、徳島、鳴門、小松島各市などで住宅全壊・半壊が計2399戸、床上・床下浸水は計8万8256戸に及んだ。徳島市では住宅の80%以上が浸水被害に遭い、沖浜、津田、沖洲地区などでは、わずか2~3時間で濁水が天井付近まで達した記録も残る。各地で集落が孤立し、阿南市の伊島では8割超の住宅が激しく損傷。11人が犠牲となり、4市21町(当時)に災害救助法が適用された。

◆高潮で崩壊した堤防

写真を拡大 徳島市の沖洲海岸

◆台風で流出した木材が町のあちこちに積み上がった

写真を拡大 徳島市昭和町

◆道路に散乱したがれき

写真を拡大 徳島市津田地区

◆高潮で全壊した海産物工場

写真を拡大 鳴門市北灘町

◆暴風と高潮で島内の大半の住家が被害に遭った

写真を拡大 阿南市伊島

 大きな爪痕を残した一方で、県内の防災対策を強化するきっかけにもなった。各地の高潮被害を基に堤防の高さを見直す議論が起こり、再び第2室戸台風クラスの台風に見舞われても被害を大幅に軽減できる現在の堤防高までかさ上げが進められた。

 第2室戸台風を超える、過去最大規模の台風が徳島を直撃した場合には、どんな高潮被害が出るのか。

 県は2020年、中心気圧900ヘクトパスカル、台風の半径を75キロなどと設定した被害想定を公表した。想定では徳島、鳴門、阿南、藍住など10市町で総面積の約15%が浸水し、区域内の70%に当たる約15万世帯が被災する。徳島市や鳴門市では最大で高さ4メートル以上の浸水被害が出るとされている。

「あれ以上の災害ない」 被災時、浸水地域で警戒業務

 「後にも先にもあれ以上の災害を経験したことはない」。当時、徳島市東消防署の隊員として警戒業務などに当たった山口勝秀さん(79)=同市津田本町1、元市消防局長=は第2室戸台風の被害を振り返る。

 1961年9月16日午前8時すぎ、風は強かったものの、自宅付近は普段と変わらない風景だった。山口さんは「これなら大丈夫」とオートバイで自宅を出た。少し走ったところで道路が見る間に冠水。近くのバイク店にオートバイを預け、店から借りた自転車で署に向かった。

 署に到着時、道路の冠水は20~30センチに達し、消防車のタイヤは半分ほど水に漬かっていた。台風が通過するまで出動できず、水が引き始めた昼すぎになって、ようやく上司と2人で末広地区に出向いた。

 現場では高潮の影響で石油タンクが横倒しとなり、大量の油が水に浮かんでいた。石油の臭いが立ち込める中、腰まで水に漬かりながら周辺の家々を回って「絶対に火を使わないでください」と呼び掛けた。

 翌朝、疲れ果てて帰宅すると自宅は水浸しだった。両親らが畳を上げて床下を消毒しており、気力を振り絞って作業を手伝った。山口さんは「災害は繰り返し襲う。自分が住む地域で過去にどんな被害があったか、知ることが大事だ。避難の方法や場所もあらかじめ家族らと相談しておいてほしい」と訴える。