学生役の眞嶋さん(右)とロケの合間に談笑する四国大生=徳島市の同大

 映画「波乗りオフィスへようこそ」のロケは8日、徳島市の四国大で行われ、学生がエキストラやボランティアなどとして撮影に協力した。

 四国大は、美波町で1次産業の課題を研究する学生役の上田結さん、三木くるみさん=ともに徳島市出身=と眞嶋優さんの3人が通う都内の大学という設定。学生25人が授業シーンなどでエキストラ出演した。

 メディア情報学科の学生4人も、ボランティアスタッフとして参加。撮影場所の全学共通・地域教育センター周辺に立ち、通行人らが画面に映り込むのを規制した。弁当を搬入したり、撮影機材を運んだりした。

 同学科4年の和田晃平さん(21)は「映画作りの力になれてうれしい」。エキストラ出演した生活科学科1年の三好葉月さん(18)は「自分たちの大学が登場する映画の完成が待ち遠しい」と話した。