徳島駅前のアミコビルを運営する徳島市の第三セクター・徳島都市開発は2021年1月期決算で1999年以来の赤字に転落し、厳しい経営を強いられている。一方で、高松三越のサテライト店「三越徳島」の先行出店が今年10月15日に決まり、明るい兆しも見えてきた。そごう徳島店が閉店してからの1年を鈴江祥宏社長に振り返ってもらい、アミコビルの将来像を聞いた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。