配達体験をする子どもたち=徳島市万代町の第2倉庫アクア・チッタ

 子どもたちに郵便局業務への理解を深めてもらうイベント「アクア・チッタ郵便局」が9日、徳島市万代町5の第2倉庫アクア・チッタであり、家族連れらでにぎわった。

 日本郵便四国支社とNPO法人アクア・チッタが共催。倉庫内に郵便局の仕事が体験できるブースが設けられ、子どもたちは手紙やはがきに消印を押したり、配達用バイクにまたがって記念撮影したりした。

 昭和小3年の茨木里音さん(8)は「手紙や年賀状の届く仕組みを楽しく学べた」と話した。

 阿波踊りのうちわのデザインコンテストもあり、用意された白紙のうちわに、約500人が思い思いの絵を描いた。約2週間かけて徳島市の郵便局員らが審査し、最優秀に選ばれた作品は同市の阿波踊り期間中に日本郵政グループ連が桟敷席に配る。