地元で採れた農産物や加工品を買い求める家族連れら=美馬市林業センター

 美馬市産の旬の野菜などを販売する「美馬のええもん産直市」が9日、同市穴吹町三島の市林業センターで初めて開かれ、市内外から大勢の家族連れらでにぎわった。
 
 同市内で産直市を開くグループ、食品加工会社など13団体でつくる「美馬のええもん推進協議会」の主催。今回は10団体が地元で採れた甘夏やトマト、タケノコ、フキなどを市価の半値近くで提供した。特産の薬味みまからや豆腐などの加工品の販売、うどんや田楽といった軽食コーナーも人気を集めていた。
 
 サトイモのコロッケなどを買った都築百合子さん(81)=美馬市脇町西大谷、主婦=は「生産者の顔の分かる商品は安心して食べられます」と話した。
 
 ええもん産直市は今後、毎月第2土曜日に市林業センターで開かれる。