高額当せんを願ってドリームジャンボ宝くじを買い求める客=徳島市東船場町1のみずほ銀行徳島支店

 1等と前後賞合わせて7億円が当たる「ドリームジャンボ宝くじ」が13日、徳島県内の95カ所を含む全国の売り場で一斉に売り出された。6月5日まで販売し、11日に抽せんがある。
 
 徳島市東船場町1のみずほ銀行徳島支店の売り場には、午前9時の販売開始と同時に客が訪れた。連番で10枚購入した鳴門市撫養町木津、パート従業員正井克明さん(59)は「当たったら妻と日本一周旅行をして今までの苦労をねぎらいたい」と笑顔で話した。
 
 7億円はドリームジャンボ宝くじ史上最高額。当せん本数は1等5億円が19本、1等前後賞1億円が38本、2等1千万円が57本など。1等7千万円が80本の「ドリームジャンボミニ7千万」も同時に発売された。