衆院選出馬に意欲をにじませた飯泉知事=県庁県議会棟

 徳島県の飯泉嘉門知事は16日の県議会9月定例会本会議で、衆院選徳島1区への出馬について全国知事会長としての活動を踏まえ「知事では限界があることを実感させられた」と発言し、意欲をにじませた。その上で「熟慮に熟慮を重ね、揺るぎない決断を下したい」と述べた。喜多宏思氏(自民)の代表質問に答えた。

 知事は現在の国の状況や今後の在り方に触れ、新型コロナウイルス感染症の収束後を見据えて「夢と希望が持てる国づくりを進めることが不可欠」と指摘。全国知事会長として国への政策提言や協議を行うたびに「その実現のためには知事では限界があることを実感させられた」と話した。

 また、「政治家としての飯泉嘉門は徳島で誕生し、徳島で育てられた」と強調。「私にとって何物にも代えることができない古里となった徳島の発展のためには、この国がこれまで以上に地方に目を向け、その声にしっかりと耳を傾け、地方を導くことが求められている」と語った。

 県内の新型コロナの感染状況が依然として厳しい状況にあるとして「まずは新型コロナ対応に全力を傾注したい」との考えを改めて示した。

【9月16日19時35分更新】【続報】「知事では限界ある」 飯泉氏、衆院選出馬に意欲