JR西日本は16日、台風14号の接近に伴い、山陽新幹線で計画運休を実施すると発表した。17日午後の広島―博多間と、熊本や鹿児島に向かう九州新幹線への直通列車で大半の運転を取りやめる。新大阪―広島間では運行本数を減らす。天候次第では運休本数がさらに増える可能性がある。

 計画運休に伴い、JR東海も東海道新幹線の一部列車を運休するか行き先を変更する。

 空の便にも影響が出る見通し。日航は九州を発着する便を中心に欠航を予定している。