山口県宇部市の宇部中央消防署員の松永拓也さん=当時(27)=が2019年1月、遺書で職場のパワハラを訴え自殺した問題で、地方公務員災害補償基金山口県支部が、公務員の労災に当たる公務災害と認定したことが16日、関係者への取材で分かった。

 宇部・山陽小野田消防局は今年1月、自殺当時の男性副署長がパワハラをしたと認め、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にするなどした。

 松永さんの父親の哲也さん(64)は取材に「拓也の遺書が間違っていなかったと認められたように思う。気持ちが晴れることはないが、少し和らいだ」と語った。消防局側はコメントできないとしている。