台風14号は17日に東シナ海から対馬海峡に進んだ後、午後には九州北部など西日本に上陸する見通しとなった。徳島県内には夜から18日朝にかけて最接近する見込み。18、19日に西日本から東日本を横断するとみられ、気象庁は16日、暴風、高波や高潮、大雨による土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けた。

 徳島地方気象台によると、徳島県内では17日朝から雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。同日に予想される1時間雨量は多い所で南部70ミリ、北部50ミリ。同日午後6時までの24時間雨量は南部200ミリ、北部150ミリの見通しで、その後の24時間では南部200~300ミリ、北部100~200ミリと予想されている。

 17日の最大瞬間風速は海上35メートル、陸上30メートル。波の高さは3メートルに達する見込み。台風接近が満潮時刻と重なる恐れがあるため、鳴門市の瀬戸内海側では高潮に注意が必要という。

 雨や風のピークが夜間になるため、気象台は明るいうちに避難や備えを終えるよう呼び掛けている。8日に線状降水帯の発生に伴う大雨被害を受けた県南部では地盤が緩んでいる所があり、土砂災害などに警戒が必要としている。

 交通機関では、日本航空が17日午前11時半徳島発福岡行きの欠航を決めた。徳島バスは、徳島と京阪神や広島を結ぶ高速バスを17日の始発から全便運休する。他社との共同運行便の一部は運行する。

 台風は16日午後9時現在、長崎県五島市の西南西約300キロを時速約15キロで北東に進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速35メートル。中心の北東側390キロ以内と南西側330キロ以内は風速15メートル以上の強風域。