『#家族募集します』第8話に出演する木村文乃、重岡大毅 (C)TBS

 人気グループ・ジャニーズWESTの重岡大毅が主演を務める、TBS系連続ドラマ『#家族募集します』(毎週金曜 後10:00)の第8話が、きょう17日に放送される。

【写真】第8話に出演するヒコロヒー

 今作は、それぞれに悩みや秘密を抱える新米シングルファーザー&マザーたちが、ひとつ屋根の下で子育てをしながら共に過ごし“家族”になっていく姿を描く、新時代のホームドラマ。重岡は、5歳になるひとり息子の子育てに苦戦するシングルファーザーの主人公・赤城俊平(あかぎ・しゅんぺい)を演じる。


■8話あらすじ
旅行中の俊平(重岡)と礼(木村文乃)の元に、大地(三浦綺羅)からの電話が。
それは、銀治(石橋蓮司)が倒れたという知らせだった──。ちょうど出かけていた蒼介(仲野太賀)とめいく(岸井ゆきの)に代わり、電話で大地に指示を出す俊平と礼。そしてふたりは、急いで東京に戻ることに。

帰宅した蒼介たちと、知らせを受けた黒崎親子も駆けつけ、病院に集まったにじやの“家族”。俊平たちは、銀治の“本当の家族”に連絡を入れるべきではないかと思案する。しかし、銀治は今まで家族について頑なに口を閉ざしていたため、全く情報がなく連絡先もわからない…そこで俊平たちは、SNSを使って銀治の家族を探すことを思いつく……。

すると、「銀治の家族だ」と名乗る女性(ヒコロヒー)が突然にじやにやって来て──。

■プロデューサー・佐久間晃嗣のコメント

――注目シーンは?
蒼介が涙をこぼしてしまうシーンに注目です。第7話のラストで銀治が倒れてしまったことで、にじやの皆それぞれの夏休みの“特別な一日”が急展開します。蒼介の涙の理由とは…? 第8話では蒼介の過去も明かされます。クライマックスに向けて、これまで家族のぬくもりを知らずに生きてきた蒼介の心の動きにご注目下さい。

――撮影こぼれ話
俊平親子と礼親子が夜の電車に乗って帰京するシーンがあるのですが、動いている車内での撮影は実質30分ほどで終えなければならず、最少人数のスタッフで慌ただしく撮影しました。重岡さんはずっと「ワンチーム!」と現場を盛り上げつつ、動き回るスタッフの動画を笑いながら撮っていました(笑)。そのおかげで(?)無事明るくワンチームで、全カット撮り切ることが出来ました。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。