食料品販売のアイリスフーズ(仙台市)は17日、ペットボトル天然水にカビの一種が混入した可能性があるとして、出荷済みの3商品計約860万本を自主回収すると発表した。主にインターネット通販で全国に流通しているが、同日時点で健康被害の報告はないという。

 対象は(1)500ミリリットルと2リットルの「富士山の天然水」のうち、賞味期限が2023年6~8月(2)23年8月を賞味期限とする500ミリリットルの「ザ・プライス 天然水」―の計3商品。富士小山工場(静岡県小山町)で今年6月1日から8月28日に製造された。問い合わせは、0800(888)6060。