健康に関する目標を書き込む「ポイント手帳」

 徳島市は、市民の健康づくりの取り組みをポイントに換算し、一定以上ためると商品券に交換できる「健康づくり大作戦ポイント事業」を始める。生活習慣病予防に対する意識を高めるのが狙い。成人が対象で、15日から参加者を千人募集する。
 
 参加者が▽間食をしない▽買い物は自転車で行く▽毎日血圧を測る▽1日8千歩以上歩く-など各自の目標を数項目決めて、達成したら1ポイントずつ得られる仕組み。健康診断やがん検診を受けたり、市保健センターが開く運動教室に参加したりしてもポイントが付く。
 
 ポイントは全て自己申告制で、専用の手帳に書き込む。千ポイント以上をためて、12月末までにセンターに申請すれば、千円分の商品券がもらえる。手帳はセンターで参加を申し込むともらえる。
 
 センターは「市民が楽しみながら自主的な健康づくりを始めるきっかけにしてもらい、各種健診の受診率向上にもつなげたい」としている。
 
 参加申し込みは先着順で6月末まで。ふれあい健康館3階のセンター窓口のほか、はがきやファクス、電子メールでも受け付ける。はがきなどで申し込む場合は、「ポイント参加希望」と明記した上で、氏名や住所、生年月日、電話番号を記入して送る。
 
 問い合わせはセンター<電088(656)0534>。