【シドニー共同】オーストラリア・メルボルンで新型コロナウイルス対策でのロックダウン(都市封鎖)が10月26日ごろに解除される見通しになった。地元の南東部ビクトリア州が19日発表した。州内で16歳以上の2回目のワクチン接種率が70%に達するのが条件。

 シドニーを含む東部ニューサウスウェールズ州でも10月中旬に都市封鎖が解除される見通し。オーストラリアの二大都市で経済再開に向けた動きが加速してきた。

 ビクトリア州は昨年以来、都市封鎖の発動と解除を繰り返してきた。現在も1日当たり数百人の感染者が出ているがワクチン普及を前提に「新型コロナとの共存」へかじを切る。