台風一過の晴天で気温が上がり、東京・銀座でミストを浴びる子どもたち=19日午後

 台風一過の晴天で気温が上がり、東京・銀座の交差点を日傘を差して歩くマスク姿の人たち=19日午後

 日本列島は19日、全国的に台風一過の晴天となり、気温が上昇した。関東から九州で最高気温が30度以上の真夏日となる地点もあった。3連休最終日の20日も晴れの天候は続き、19日と同様の暑さが続きそうだ。

 19日の日中の最高気温は熊本県玉名市が32・3度、岐阜県揖斐川町が32・2度の高さとなったほか、群馬県高崎市31・5度、愛知県愛西市31・8度、高知市31・6度、広島市30・5度など30度を上回る場所が相次いだ。東京都心は29・2度だった。

 気象庁によると、19日から20日にかけて、列島付近は台風14号から変わった低気圧が日本の東側に抜け、高気圧に覆われる。