(左から)佐藤健、阿部寛(C)ORICON NewS inc.

 俳優の佐藤健、阿部寛、林遣都が20日、都内で行われた映画『護られなかった者たちへ』(10月1日)公開直前トークイベントに登場した。映画の内容にちなみ、“取り調べ”のように互いに聞きたかったことを質問するコーナーが展開された。

【動画】佐藤健→阿部寛に質問「LINEやるの?」「ニコニコ使います!」

 佐藤は「何でもいいんですか? 阿部さんってLINEとかされているんですか?」とプライベートな質問をすると、阿部は「…LINEするんですよ~」と照れ笑い。

 「マジっすか!?」と驚く佐藤は「スタンプも使われたりするんですか?」と追及すると、「…スタンプというかニコニコみたいなやつ。黄色いやつ使いました」と告白。意外な一面を知ることができて佐藤は「ありがとうございます。ずっと聞きたかったこと」と満面の笑みを見せた。

 同作は、震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件を追うミステリー。容疑者として捜査線上に上がってきたのは、別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの男・利根。刑事の笘篠は利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか? 利根の過去に何があったのか。やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく。連続殺人事件の容疑者・利根を佐藤、刑事・笘篠を阿部、部下の蓮田を林が演じる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。