結城モエ演じる秘書・朝蜘優衣=『ドクターX~外科医・大門未知子~』第7シリーズ (C)テレビ朝日

 女優・米倉涼子主演のテレビ朝日系大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜 後9:00)第7シリーズに、結城モエが初出演することが発表された。2020年放送の第5弾スピンオフ『ドクターY~外科医・加地秀樹~』に「日本スポーツ連合会」会長の秘書・小松菜実役で登場していた結城。今回は別の人物ではあるものの再び秘書役を務め、西田敏行演じる外科分院長・蛭間重勝をサポートする。

【写真】相性バッチリ?“グータッチ”を交わす蛭間と結城モエ演じる秘書・優衣

 結城が今回演じるのは蛭間の秘書・朝蜘優衣(あさぐも・ゆい)。ゴシップやスキャンダルが大好きな優衣は、時折どこかスパイのような謎めいた行動を見せる一方、秘書としてはキッチリとサポート役を担う女性だ。

 実は結城、西田とは今回が初共演。現場で初めて対面した際には「とてもオーラがあり、その貫禄に正直、とても緊張してしまいました」と話す。そんな彼女を劇中とは一転、舞台裏では西田が手厚くサポートしたそうで、「『今日の衣装、素敵ね』と声をかけて下さったりして、とてもお優しい方で、心が和みました」と、うれしそうに明かした。

 現場で日々炸裂する西田のアドリブも謳歌し、「一緒にお芝居ができることに、幸せを感じています」と目を輝かせる彼女が、名優・西田を相手に『ドクターX』名物となっている蛭間の秘書をどう演じてくれるのか…要注目である。

 『ドクターX』2年ぶりの最新作となる第7シリーズでは、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、米倉演じる未知子が新たな戦いへと身を投じていく。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。