遠征出発前に取材に応じるバドミントン男子の桃田賢斗=21日、羽田空港

 バドミントンの日本代表が21日、男女混合の団体で争う国・地域別対抗戦、スディルマン杯(26日開幕・フィンランド)への出発前に羽田空港で取材に応じ、主将に指名された男子単の桃田賢斗(NTT東日本)は「言葉ではあまりうまく伝えられないので、取り組む姿勢で示していく。みんなに頼りながら、一人一人自覚を持ってやっていけたら」と意気込んだ。

 桃田は1次リーグで敗退した東京五輪後、初の実戦。気持ちが空回りした苦い経験を糧に「張り詰めすぎず、柔軟に対応できるメンタルでいられたら」と言う。3年後のパリ五輪については「出られるなら出たいけど、まだそこは見てない」と述べた。